新着記事

京都移住メリット・デメリット

その他

田舎出身者が京都に移住して感じた京都に住むメリット・デメリット

管理人は2020年の8月に同じ関西圏から京都市に移住して2024年1月現在で京都歴4年目になります。 もともと京都は観光で年に2回ほど訪れていたので、京都の良さは知っていましたが、実際に住んでみるとさらに良いところも見つけることができた一方、住んでみないと分からなかったデメリットもあったりと、色々な発見がありました。 皆さんの中にも、入学や転職を機に京都に引っ越す、またはいつか京都移住を目指している方もいらっしゃるでしょう。 今回は京都移住を考えている皆さんに他所から京都に引っ越して感じたリアルなメリット ...

ReadMore

京都雪景色無料スポット

観光スポット

京都の雪景色を無料で鑑賞できるスポット

盆地に位置する京都市は標高が高く冬は厳しい寒さで有名です。 年末年始のニュースで雪の金閣寺や清水寺の光景が放送されているのを見たことがある方は多いと思いますが、実は京都市での積雪は年に3~4日程度と数は少ないです。 普段見る寺院などの風景が雪化粧している姿は雅で見る人の心を魅了します。 寺院だと拝観料を払わないと行けない場所も多いですが、今回は無料でも楽しめるスポットを絞ってご紹介します。 積雪の場合、早朝だと雪が残っていますが、日の出の7時以降だと溶けてしまうのでせっかく鑑賞するなら朝6時から足を運びた ...

ReadMore

六道珍皇寺初えんま詣限定御朱印紹介

御朱印

六道珍皇寺 初えんま詣と3日間限定の見開き御朱印 小野篁が冥土と現世を行き来した冥土通いの井戸や寺宝を見ることができます

1月16日は7月16日と並び、閻魔王とのご縁を結ぶ最良の大吉日と言われ、地獄の窯の蓋が開く日とされています。 冥界の帝王でもある閻魔王は、地蔵菩薩の化身とも言われているため、この日に故人への冥福を祈り、自身の除災、除病を祈るとその功徳は大いなる日になるとされています。 六道珍皇寺では2024年は1/13、1/14、1/16に初えんま詣の特別拝観を行っており、新年厄除け札や初春限定御朱印の授与ならびに通常非公開の寺宝の公開を行なっています。 今回は初えんま詣の様子といただいた初春限定の御朱印の紹介を行なって ...

ReadMore

粟田神社出世恵比須御朱印紹介

御朱印 神社

粟田神社摂社 出世恵美須神社の祭り期間限定御朱印 3日間のみ公開される恵美須像は最澄作と伝えられる

初詣が終わった京都ではまだまだ賑やかさが収まりません。 1月10日は七福神の1人である恵美須の誕生日で、この日の前後は商売繁盛、五穀豊穣を祈願するえびす祭りがあちこちで行われます。 えびす祭りといえば日本三大えびすの1社が京都ゑびす神社であり、毎年数万人の参拝者が縁起物の福笹を求めて殺到します。 京都恵比須神社でいただいた御朱印紹介 十日えびす大祭限定で金色のスタンプを押してもらえます 他には八坂神社の摂社である蛭子船巡航が有名です。 京都八坂神社 蛭子社 祇園のえべっさん 蛭子船巡行 2024 東山三条 ...

ReadMore

京都恵比寿神社御朱印紹介

御朱印 神社

京都恵比須神社でいただいた御朱印紹介 十日えびす大祭限定で金色のスタンプを押してもらえます

目次 京都恵比須神社についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間参拝料アクセス関連記事京都恵比須神社についてサクッと紹介 創建は1202年で、禅僧である栄西禅師が建仁寺の鎮守を目的としました。 現在は大阪今宮、西宮神社と並んで日本三大恵比須神社と呼ばれています。 恵比須神社では七福神の1人である恵比須を祭神としますが、恵比須は正式には八代事代主大神と読みます。 恵比須は釣り竿と鯛を持っている姿から古くは漁業や航海など海に関わる神様として信仰されてきましたが、現在では商売繁盛、五穀豊穣などの商い ...

ReadMore

祇園のえべっさん 巡行

京都八坂神社 蛭子社 祇園のえべっさん 蛭子船巡行 2024

年が明けて1週間が経ちましたが、京都は初詣に続いてまだ新年の行事が残っています。 それが「恵比須祭り」です。 恵比須祭りは全国的に有名なのが、西宮神社で行われる福男選びの開門ダッシュ、大阪の今宮戎神社、京都恵比須神社で行われる日本三大恵比須が有名です。 先日は京都の恵比須神社にて招福祭の様子を見にいきました。 2024 京都恵比須神社 十日ゑびす大祭 招福祭 湯立て神楽神事 本日1月9日は八坂神社の摂社にある蛭子社のお祭りを見にいきました。 蛭子社では、蛭子船巡行という神事があり、普段は神社に鎮座するえび ...

ReadMore

京都恵比須神社 湯立て神楽

2024 京都恵比須神社 十日ゑびす大祭 招福祭 湯立て神楽神事

京都恵比須神社では毎年1月10日前後で十日ゑびす大祭が行われます。 恵比須神社は七福神の1人である恵比須に関わる神社で、1202年に建仁寺建立にあたって栄西禅師によって創建されました。 恵比須は七福神の中で唯一の日本の神で、釣りをしている姿から漁業の神、商いの神として信仰されています。 1月10日は恵比須の誕生日という説から本ゑびすと呼ばれ、その前後で1年の商売繁盛の願いをする神事が行われます。 祭り期間中はご利益がある福笹などの縁起物の授与を求めて多くの参拝者が訪れます。 授与される福笹は巫女さんによる ...

ReadMore

亀末廣

グルメ

京都の老舗和菓子店 亀末廣で京のよすがと絹のしずくを購入 敷居の高い贈り物に最適です

目次 亀末廣について亀末廣の和菓子実際に購入した和菓子をレビュー京のよすが絹のしずく亀末廣について 烏丸姉小路に店を構える和菓子店の亀末廣さん。 創業は1804年で、かつては京都御所に和菓子を納めていました。 亀末廣は駅ビルや百貨店などの小売店には一切卸すことなく、通販もないのでこの本店でしか購入することができません。 創業時から1対1での販売を大切にしているためです。 ちょっと厳かな店内からも歴史を感じることができます。 亀末廣の和菓子 一番上の「古都」は玄米と和三盆味の打物。 保津峡、清水寺、知恩院な ...

ReadMore

清和院御朱印紹介

御朱印

清和院の御朱印洛陽三十三ヶ所観音霊場第33番札所 清和院の御朱印

目次 清和院についてサクッと紹介御朱印オリジナルご朱印帳御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事清和院についてサクッと紹介 真言宗智山派の寺院。 平安時代前期の第56代天皇である清和天皇の邸宅でした。 当初は京都御苑内にあったため、現在でも御苑東に清和院御門の名前が残っています。 現在の地に移ったのは江戸時代初めのことです。 ご本尊は清和天皇の姿を模しており、清和地蔵尊と呼ばれています。 本堂には洛陽三十三ヶ所観音霊場第33番札所本尊の聖観音も祀られています。 御朱印 1枚300円で ...

ReadMore

妙覚寺御朱印紹介

御朱印

信長の宿泊地として使われた妙覚寺の御朱印紹介

目次 妙覚寺についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事妙覚寺についてサクッと紹介 日蓮宗三具足山のひとつである妙覚寺は1378年に四条大宮で創建、下妙覚寺町に移り織田信長の宿所となりましたが、本能寺の変で消失。 秀吉によって現在の地に移ったのは1583年のことです。 信長は20数回京都に宿泊しましたが、その内18回がこの妙覚寺です。 信長というと本能寺の変のイメージが強いですが、実は本能寺に宿泊した回数は3回と数少なく、このわずかな回数の3回目で明智光秀の襲撃 ...

ReadMore

平安神宮御朱印紹介

御朱印 神社

平安神宮のご朱印紹介 2024年1月限定の蒼龍御朱印をいただきました

明けましておめでとうございます。 2024年もよろしくお願いします。 毎年の初詣の期間は平安神宮の参拝にも多くの人が並び混雑しますが、筆者は元旦の朝4:00に初詣を済ませたので人混みなくスムーズに参拝と御朱印をいただきました。 目次 平安神宮についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間参拝料アクセス・交通情報関連記事平安神宮についてサクッと紹介 平安神宮の歴史は京都の中ではかなり浅く、明治時代に平安遷都1100年を記念として1895年に創建されました。 御祭神は平安京を造った桓武天皇と首都が江 ...

ReadMore

時代祭 時代行列

平安神宮 時代祭 時代行列を神宮道から撮影

2023/10/22に平安神宮で時代祭が行われました。 時代祭は平安遷都1100年を記念としたお祭りで、京都の歴史を延暦時代から明治時代まで表現した時代行列が一番の見どころです。 目次 維新勤王隊徳川城使上洛列和宮紫式部 清少納言小野小町YouTube維新勤王隊 徳川城使上洛列 和宮 紫式部 清少納言 小野小町 YouTube https://youtu.be/_VeA7HE9pdM

ReadMore

時代祭神幸行列

時代祭 神幸行列が平安神宮から京都御所へ向けて出発

10/22は平安神宮のお祭りで、京都三大祭りの一つである時代祭が行われます。 午前は平安神宮から神幸行列が出発し、午後は京都御所から平安神宮へ京都の歴史を表現した行列が大移動します。 https://www.youtube.com/watch?v=-qAc33xM3A4&feature=youtu.be

ReadMore

古都千年パッケージ

グルメ

京都 伏見の日本酒 齊藤酒造 古都千年 純米吟醸 をレビュー 華やかな香りは京都でも屈指

目次 齊藤酒造について古都千年 純米吟醸について古都千年 純米吟醸酒のレビュー齊藤酒造について 齊藤酒造が誕生したのは明治28年で、当時のブランド名は柳正宗、大鷹などがありましたが、大正天皇の即位を記念して「英勲」となりました。 全国新酒鑑評会では歴代最長記録となる14年連続金賞受賞するなど高い評価を受けている酒造です。 伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか 古都千年 純米吟醸について 京都の代表的な酒米である「祝」を55%まで精米した日本酒酒。 古都千年 純米吟醸酒のレビュー まず先にフル ...

ReadMore

佐々木酒造 聚楽第

グルメ

京都伏見の日本酒 佐々木蔵之介さんの実家 佐々木酒造の聚楽第 純米吟醸をレビュー

目次 佐々木酒造について聚楽第について聚楽第 純米吟醸の味わいをレビュー佐々木酒造について 佐々木酒造は京都市の酒造で、俳優の佐々木蔵之介さんの実家でもあります。 京都の日本酒といえば伏見をイメージする方がほとんどですが、佐々木酒造は2件しかない洛中に残っている酒造です。 伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか 聚楽第について 今回購入したのは聚楽第 純米吟醸です。 聚楽第は豊臣秀吉のかつての邸宅であり、佐々木酒造の酒蔵がある地が跡地になります。 茶湯に使用したと言われる銀名水で仕込み、濾過や ...

ReadMore

亀屋清永 清浄歓喜団

グルメ

京都で有名な和菓子店 亀屋清永 日本で唯一の清浄歓喜団をご紹介

京都の和菓子といえば生八ツ橋が有名ですが、贈答用にするにはちょっと物足りなさが... せっかく京都に行くなら京都通と思われるような老舗店で和菓子を購入したいものです。 私は京都初心者のころは贈答用の和菓子を駅で簡単に購入していましたが、せっかく住んでいるなら老舗の本店で直接買いつけようかなと思い色々な店舗に足を運んでいます。 京都のお土産で大人気!行列の絶えない「出町ふたば」で豆餅を予約購入しました 日本で唯一の金平糖専門店 京都の緑樹庵清水で購入した金平糖をご紹介 出町ふたばの豆餅や金平糖の緑樹庵清水も ...

ReadMore

京都無料駐輪場

サイクリング 駐輪場情報

京都観光を自転車で楽しもう! 専用の無料駐輪場がある神社、お寺をご紹介

休日の京都市内はバスやタクシーの大混雑でオーバーツーリズム状態になっており、京都駅から嵐山エリア、東山エリアのバスは30分以上並んでも乗れないということが平気であります。 どうしても京都は電車の利便性が悪くバスやタクシーに頼らざるをえないですが、車道も渋滞しますのでせっかくの旅行がほとんど移動時間で終わってしまった...という嘆きをよく耳にします。 そこでおすすめしたいのがレンタサイクルでスピーディーに移動をすることです。 私は普段から自転車で移動をしますが、場所によってはたくさんのバス停に停まるバスより ...

ReadMore

京都紅葉無料スポット

ギャラリー 紅葉 観光スポット

京都の紅葉を無料で楽しめるスポット 穴場スポットもあり!

2023年も夏が終わりに近づき、京都で最も楽しみな季節の秋がやってきます。 京都では清水寺、東寺、天龍寺など有名な紅葉スポットが数多く存在します。 しかし有名スポットは入場にお金がかかるし、何より観光客で混雑してゆっくり鑑賞できない...と悩みます。 今回は無料で楽しめる紅葉スポットを紹介していきます。 無料とはいえ観光客もあまり訪れないニッチなスポットも織り交ぜていますので、ぜひ京都の紅葉を隅々まで楽しめるように旅行プランを立ててみてください。 ※写真をクリックするとギャラリーページに移動します。 目次 ...

ReadMore

源光庵御朱印紹介

御朱印

源光庵の御朱印 悟りの窓、迷いの窓から望む紅葉で有名

目次 源光庵についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事源光庵についてサクッと紹介 正式名を鷹峰⼭寶樹林源光庵という寺院で、1346年臨済宗⼤徳寺2代・徹翁国師によって開創され、1694年に卍⼭禅師によって曹洞宗に改められました。 本尊は釈迦牟尼仏。 本堂では悟りの窓、迷いの窓の2つの窓から庭園を望むことができます。 悟りの窓の円型は「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しています。 迷いの窓の角型は「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表しています。 ...

ReadMore

詩仙堂御朱印紹介

御朱印

京都 詩仙堂の御朱印・オリジナル御朱印帳を紹介

目次 詩仙堂についてサクッと紹介御朱印とオリジナルご朱印帳御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事詩仙堂についてサクッと紹介 詩仙堂は曹洞宗の寺院で、正式には六六山詩仙堂丈山寺と号します。 1636年に武将・文人の石川丈山が隠棲のために構えた山荘が寺の起源です。 丈山は晩年の30年余りをここで過ごし、遺愛品は詩仙堂六物と呼ばれます。 1966年に曹洞宗に属しました。 本尊は三十三観音の一つである馬郎婦観音。 曹洞宗の寺院では釈迦牟尼仏を祀ることが一般的ですが、詩仙堂のように観音菩薩を ...

ReadMore

嵐山 宝筐院の青紅葉2

ギャラリー 新緑 未分類

京都 嵐山 宝筐院の青紅葉

2023/06/18撮影 宝筐院は臨済宗の寺院で平安時代末に白河天皇の勅願寺として建てられましたがその後衰退、天龍寺の子院として存続したものの幕末に廃寺。 明治に京都府知事によって1916年に再興しました。 禅師に深く希帰依した武将の楠木正行、2代将軍の足利義詮は境内に埋葬され、8代将軍の義政の時代に義詮の院号にちなんで宝筐院として改められました。 住所京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9拝観料大人500円 小人200円拝観時間9:00~16:00(11月は16:30まで)公式ホームページhttps:// ...

ReadMore

京都の日本酒はなぜ有名なのか

グルメ

伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか

日本三大酒造と言えば兵庫の灘、京都の伏見、広島の西条が挙げられます。 なぜ京都の伏見は日本酒作りが盛んになったのか見ていきましょう。 まず日本酒作りに欠かせないことがいくつかあり、それは水、土、気候と言われています。 目次 京都盆地の下に巨大な地下水源京都の名水京都の地層京都の気候京都の日本酒の始まり伏見は交通の要として日本酒の消費と流通の拡大京都の酒米京都市内の主な酒造伏見区上京区左京区右京区筆者チョイス!京都でおすすめしたい日本酒トップ3齊藤酒造 古都千年 純米吟醸招徳 花洛 純米吟醸山本本家 神聖 ...

ReadMore

祇園祭 琵琶奉納 舟弁慶

祇園祭

祇園祭 琵琶奉納 7/23

翌日に後祭山鉾巡行を控えた7/23 13:00から八坂神社にて琵琶奉納が行われました。 約3 時間の公演で12演目が披露されます。 1.那須興市 2.舟弁慶

ReadMore

祇園祭 石見神楽 2023

祇園祭

祇園祭 石見神楽 2023/7/16 天神 恵比須 塵輪 大蛇

祇園祭の前祭山鉾巡行が行われる前日の7/16に八坂神社で石見神楽が披露されます。 年によって題目が変わるのですが、2023年は塩祓、天神、恵比須、塵輪、大蛇 の5つが披露されました。 目次 天神恵比寿塵輪大蛇2023年の動画はこちら天神 現在では学問の神様として信仰される菅原道真は当時の左大臣である藤原時平によって太宰府に左遷されてしまいます。 左遷後しばらくして藤原時平は39歳とという若さで亡くなってしまいますが、この死因は菅原道真の怨霊による仕業だと言われます。 石見神楽の演目では菅原道真と ...

ReadMore

マンションの内側玄関に飾る粽

祇園祭

マンションでも大丈夫! 京都 祇園祭で購入した粽(ちまき)の飾り方

京都の祇園祭では山鉾巡行を行う各山鉾町内にて粽というお守りを購入できます。 粽というと笹に包まれた餅を想像するかもしれませんが、祇園祭で購入できる粽は食べ物ではありません。 京都を歩いていると飲食店やお土産屋さん、民家でも玄関外に飾られている光景をよく見かけます。 目次 祇園祭でいただける粽について2023年の宵山にていただいた伯牙山の粽マンションでの飾り方粽は100均のピンなどにひっかけて飾るまとめ祇園祭でいただける粽について 粽は各山鉾町で山鉾巡行の約3日前から販売され、厄除けのご利益があります。 加 ...

ReadMore

祇園祭 献茶祭

祇園祭

京都 祇園祭 献茶祭 7/16

7/16 午前9:00より八坂神社本殿にて行われる献茶祭です。 世の平和と茶道の発展を願う儀式となっています。 ※お点前中の撮影は禁止となっています 式の終了時は西楼門横の能舞台にて長刀鉾町によるお囃子の演奏が行われます。 献茶祭終了後に長刀鉾町によるお囃子演奏

ReadMore

祇園祭 伝統芸能奉納 今様

祇園祭

京都 祇園祭 伝統芸能奉納 7/15

15:00から八坂神社にて行われる伝統芸能奉納です。 能舞台にて、和歌や踊り、琴の演奏などが行われます。 目次 今様(いまよう)吟詠剣舞今様(いまよう) 吟詠 剣舞

ReadMore

常寂光寺青紅葉-12

ギャラリー 新緑

京都 常寂光寺の青もみじ

YouTubeのチャンネル登録よろしくお願いします

ReadMore

大田神社御朱印情報

御朱印 神社

大田神社の御朱印 5月限定で神楽鈴のスタンプ

目次 大田神社についてサクッと紹介御朱印御朱印帳御朱印をいただける場所受付時間参拝料交通・アクセス情報関連記事大田神社についてサクッと紹介 上賀茂神社の末社である大田神社。 創建がいつか明らかとなっていませんが、上賀茂神社の歴史より古いため京都でも最古の社とも言われています。 御祭神の天鈿女命(アメノウズメノミコト)は芸能上達の神として信仰されています。 参道東の大田ノ沢には5月に花を咲かせるカキツバタの群生があり、平安時代の和歌でも詠まれています。 御朱印 御朱印は1枚300円 5月限定御朱印 カキツバ ...

ReadMore

大田神社 カキツバタ4

ギャラリー 新緑

京都 大田神社の青紅葉とカキツバタ

ReadMore

京都 源光庵の青紅葉1

ギャラリー 新緑

京都 源光庵 新緑の青もみじ

ReadMore

京都 永観堂 新緑の青紅葉33

ギャラリー 新緑 未分類

京都 永観堂の青紅葉

https://www.youtube.com/watch?v=kubipkoIGTw&t=21s 関連記事 永観堂の御朱印 京都の紅葉特集 永観堂の雪景色 永観堂の歴史・観光見どころ情報

ReadMore

詩仙堂歴史見どころ

観光スポット

詩仙堂の歴史・観光見どころ情報 曹洞宗では珍しい馬郎婦観音がご本尊 庭園のサツキと紅葉が有名

目次 起源・歴史宗派御朱印オリジナルご朱印帳見どころ庭園馬郎婦観音(めろうふかんのん)住所 拝観料 拝観時間 公式ホームページアクセス・交通情報起源・歴史 1641年に三河の武士であった石川丈山が開いた草庵が起源。 丈山は徳川家に仕えていた武将で、関ヶ原の戦い、大坂夏の陣にも参戦しました。 夏の陣のあとは妙心寺に隠棲し儒学を学び、1641年(59歳)から90歳で亡くなるまで30年間を詩仙堂で暮らしました。 中国歴代の詩人36人(三十六詩仙)の肖像画を狩野探幽に描かせ、堂内に掲げたことから詩仙堂の名で知られ ...

ReadMore

京都の雪化粧 蹴上インクライン5

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 蹴上インクライン

関連記事 蹴上インクラインの桜 雪化粧の京都おすすめスポット

ReadMore

京都 永観堂 雪6

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 永観堂

2023/1/28の京都市内の朝は2cmの積雪を記録しました。 東山の麓に位置する永観堂は日当たりが悪いため、開門時間の9:00でも多くの雪が残っていました。 関連記事 永観堂の御朱印 永観堂の青紅葉 京都の紅葉特集 永観堂の歴史・観光見どころ情報

ReadMore

円山公園 京都 雪

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 円山公園 2023

撮影時の2023/1/24 午後19:00時点で積雪8cmを記録した大雪の京都。 円山公園は人がほとんどおらず、次々と雪が積み重なっていました。 枝垂れ桜もこの雪を乗り越えてきれいな花を見せて欲しいですね。 https://www.youtube.com/watch?v=YFNknUtudWw

ReadMore

20230124八坂神社-1

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 八坂神社 2023

撮影時の2023/1/24 午後19:00時点で積雪8cmを記録した大雪の京都。 雪に佇む八坂神社を撮影しました。 祇園交差点の石段下は、行き交う人々の足跡で雪はさほど積もってはいませんが、シャーベット上に固まっており非常に滑りやすくなっています。 19:00の時点で気温は-2℃は京都に来て初めての寒さです。 降り続く雪によって祇園商店街は霞んで見えます。 末社の疫神社 美容の神様として信仰される美御前社 https://www.youtube.com/watch?v=YFNknUtudWw

ReadMore

源光庵悟りの窓迷いの窓紅葉2

ギャラリー 紅葉

京都 鷹峯 源光庵の紅葉

2019年春から2022年春まで改修工事により拝観休止していた源光庵。 2022年は4年ぶりに紅葉を楽しめます。 源光庵といえば本堂から望むことができる悟りの窓、迷いの窓が有名。 悟りの窓の円型は禅と円通の心を表し、円は大宇宙を表現しています。円迷いの窓の角型は人間の生涯を象徴し生老病死の四苦八苦を表しています。https://genkouan.or.jp/mado/

ReadMore

鐘の音巡り

観光スポット

京都で朝に鐘を撞く寺院(知恩院、西本願寺、清水寺、六角堂、要法事、智積院、泉涌寺、妙心寺)

多くの宗派の総本山、大本山が集中する京都市。 市内の朝はあちこちから響き渡る鐘の音色とともに1日が始まります。 京都に観光に来た際は、朝早くに散歩をしながら鐘の音を鑑賞するのも風情があって良いですよ! 今回は管理人が現地を歩き回り、朝に鐘を撞くお寺を調査しました。 目次 知恩院西本願寺清水寺六角堂要法寺智積院泉涌寺妙心寺知恩院 https://www.youtube.com/shorts/d5rM-fV7HGc 大梵鐘の除夜の鐘で有名な知恩院は普段は撞くことはなく、御影堂北の階段を上がった先の勢至堂で梵鐘 ...

ReadMore

宝筐院-歴史見どころ

観光スポット

宝筐院の歴史・見どころ 紅葉は嵐山エリアでもトップクラス

宝筐院は嵐山の人気エリア渡月橋を北に15分程度の位置にある小さな寺院です。 嵐山エリアは紅葉の名所が勢揃いしていますが、宝筐院は1、2を争うほど紅葉が綺麗な名所です。 渡月橋や天竜寺には知名度は劣りますが、一度は見ておくべきでしょう。 目次 起源・歴史宗派御朱印見どころ回遊式庭園の紅葉住所 拝観料 拝観時間 公式ホームページアクセス・交通情報関連記事起源・歴史 宝筐院は臨済宗の寺院で平安時代末に白河天皇の勅願寺として建てられましたがその後衰退、天龍寺の子院として存続したものの幕末に廃寺。 明治に京都府知事 ...

ReadMore

京都五重塔巡り

観光スポット

京都市内五重塔巡り(法観寺、東寺、醍醐寺、仁和寺)

京都の五重塔といえばよくテレビや雑誌で見る有名な八坂の塔に、電車で京都駅近くを通ったときに車窓から見える東寺にあとは...清水寺? 清水寺は残念ながら三重塔なんですよね〜 もしかしたら八坂の塔、東寺以外の五重塔が思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。 実は京都市には上記2箇所以外にもう2箇所、伏見区の醍醐寺、右京区の仁和寺にも五重塔があります。 今回は京都市にある4つの五重塔のご紹介をしていきます。 目次 法観寺(八坂の塔)醍醐寺東寺仁和寺法観寺(八坂の塔) 東山区の法観寺、建立は1440年で高さ ...

ReadMore

祇園祭

祇園祭 行事一覧

京都祇園祭は八坂神社のお祭りで約1100年の歴史があり、京都を襲う天変地異や疫病の流行から守護することを目的として始まったと言われています。 毎年7月の1ヶ月間、京都市内は神輿渡御、宵山、山鉾巡行など、多岐に渡る神事で祭り一色に染まります。 目次 祇園祭の日程神用水清祓式山鉾建て宮出し/神輿洗伝統芸能奉納献茶祭石見神楽前祭/宵山前祭山鉾巡行神輿渡御/神幸祭琵琶奉納後祭宵山後祭山鉾巡行神輿渡御/還幸祭祇園祭の日程 ※スケジュールは2022年のもので、中止または短縮で行った神事もあります 7/1吉符入り7/1 ...

ReadMore

祇園祭 神輿渡御 還幸祭

祇園祭

祇園祭後祭 神輿渡御/還幸祭 2022

山鉾巡行の期間中に八坂神社から洛中に来訪していた、素戔嗚尊、櫛稲田比売命、八柱御子神の3基の神輿が後祭の山鉾巡行の夕刻に八坂神社へと帰られました。 八坂神社西門の石段下では「差し上げ」という神輿を高く担ぎ上げる光景が見られます。 https://www.youtube.com/watch?v=k20Hz_f0FAQ&t=60s

ReadMore

祇園祭

祇園祭 後祭 山鉾巡行 2022

祇園祭 前祭 山鉾巡行 2022 前祭から1週間後、後祭の山鉾巡行が行われました。 前祭では四条烏丸通→河原町通→御池通の順番に巡行が行われましたが、後祭ではルートが逆になります。 後祭では11基の山鉾が巡行します。 京都 祇園祭 後祭 山鉾紹介 新町通 朝の新町通ではスタート地点の烏丸御池に向かうための山鉾を見ることができます。 新町通は非常に狭い通りですので間近で迫力を感じることができます。 御池通 御池通は非常に幅の広い通りですので、東西の山鉾を広く眺めることができます。

ReadMore

鷹山

祇園祭

京都 祇園祭 後祭 山鉾紹介

目次 橋弁慶山北観音山南観音山鷹山大船鉾役行者山黒主山鯉山浄妙山鈴鹿山八幡山山鉾巡行の動画橋弁慶山 五条大橋での弁慶と牛若丸の戦いの光景を表現している。懸装品には下鴨神社・上賀茂神社の葵祭の様子を描写したものがある。舁山唯一のくじ取らず、舁初めが行われるという特徴がある。 北観音山 くじ取らずの山。1353年に創設された当時は舁山だったが、曳山に変わったという経緯がある。山に特有の松には尾長鳥が飾られている。江戸時代から2014年までは鳩が飾られていたのだが、本当は1757年の記録の尾長鳥が正しいものであ ...

ReadMore

前祭 神輿渡御/神幸祭

祇園祭

祇園祭 前祭 神輿渡御/神幸祭 2022

7/10に八坂神社の神輿庫から宮出しされた3基の神輿。 京都 祇園祭 宮出し 神輿洗 2022/7/10 前祭の山鉾巡行により、洛中を祓い清めた日に素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神を乗せた3基の神輿が寺町の御旅所へと向かいます。 八坂神社正門を出て、祇園交差点の石段下では神輿を高く担ぎ、時計回りに回転させる差し回しが見られます。 中御座(素戔嗚尊) 差し回し 東御座(櫛稲田姫命) 差し回し 西御座(八柱御子神) 御旅所へ到着した3基の神輿 寺町の御旅所へ到着した御祭神は後祭の山鉾巡行を見届けるまでの期間は ...

ReadMore

祇園祭

祇園祭 前祭 山鉾巡行 2022

祇園祭で一際注目を浴びる祭事が山鉾巡行です。 昔の京都は疫病が流行し、人々を苦しめてきました。 山鉾巡行は当時の市民らによって疫病を鎮めるために行ったことがルーツです。 前祭では美しい懸装品を身に纏った23基の山鉾が巡行します。 目次 前祭 山鉾紹介注連縄切り山鉾の辻回し河原町通での辻回し御池通での辻回し辻回しの動画前祭 山鉾紹介 京都 祇園祭前祭 山鉾紹介 注連縄切り 前祭の山鉾巡行、長刀鉾が四条烏丸を東に進行し、麩屋町通に差し掛かった際に行われる注連縄切りという行事があります。 前日に八坂神社から四条 ...

ReadMore

祇園祭

京都 祇園祭前祭 山鉾紹介

目次 長刀鉾月鉾函谷鉾鶏鉾船鉾木賊山綾傘鉾油天神山伯牙山蟷螂山放下鉾岩戸山山伏山孟宗山太子山保昌山芦刈山四条傘鉾郭巨山霰天神山占出山菊水鉾白楽天山長刀鉾 山鉾巡行の順番が予め決まっているくじ取らずの山鉾で前祭の先頭を巡行する。唯一、生稚児が乗る山鉾で注連縄切りを行う。鉾先の長刀は疫病邪悪を祓う意味が込められており、かつては平安時代の刀鍛冶である三条鍛治宗近が八坂神社に納めたものを取り付けられていた。刀の向きは決して神様がいる八坂神社に刃先が向かないように南向きに取り付けられている。 月鉾 月読尊を祀ってい ...

ReadMore

祇園祭

京都 祇園祭 山鉾建てから囃子まで 長刀鉾 菊水鉾 函谷鉾 鶏鉾 月鉾

3年振りに山鉾巡行が開催される京都祇園祭。 7/17の前祭に向けて、7/10には大型の鉾から鉾建てが始まりました。 目次 山鉾建て1日目(2022/7/10)山鉾建て2日目(2022/7/11)山鉾建て3日目(2022/7/12)お囃子演奏(2022/7/13~)山鉾建て1日目(2022/7/10) 山鉾の先端部である真木はビル8階建て相当に達するそうです。 鉾の組み立ては釘を一切使わず縄で固定する「縄がらみ」という方法で行われます。 長刀鉾保存会の中でも真木の準備が始まっています。 https://ww ...

ReadMore

祇園祭

京都 祇園祭 宮出し 神輿洗 2022/7/10

2022/7/10の夕刻。 当日の朝に四条大橋にて行われた神用水清祓式の水で神輿が祓い清められます。 京都 祇園祭 鴨川にて行われた神用水清祓式 2022/7/10 今年もコロナウイルス感染防止のため神輿洗は四条大橋ではなく、八坂神社境内にて行われました。 南楼門右手の神輿庫から神輿が運び出されました。 八坂神社の正門は実は四条通に面した西楼門ではなく、こちらの南楼門ですのでお忘れ無く。 本殿での神事を終えた方々が神輿へと向かいます。 宮司の方の足元に3つの桶があります。 こちらは当日の朝に鴨川から汲み取 ...

ReadMore

グルメ

京都の老舗和菓子店 亀末廣で京のよすがと絹のしずくを購入 敷居の高い贈り物に最適です

亀末廣

亀末廣について

亀末廣 入り口

烏丸姉小路に店を構える和菓子店の亀末廣さん。

創業は1804年で、かつては京都御所に和菓子を納めていました。

亀末廣は駅ビルや百貨店などの小売店には一切卸すことなく、通販もないのでこの本店でしか購入することができません。

創業時から1対1での販売を大切にしているためです。

亀末廣 店内

ちょっと厳かな店内からも歴史を感じることができます。

亀末廣の和菓子

一番上の「古都」は玄米と和三盆味の打物。

保津峡、清水寺、知恩院などの名所の模様が特徴です。

中央のカラフルな和菓子が最も人気のある「京のよすが」

1年のうちで10数回も中の和菓子の入れ替えが行われます。

京のよすがは3つのサイズから選べます。

お餅が入っているためか賞味期限は購入日から5日とかなり短めなので注意です。

一番下の「せんべまんじゅう」は、亀の甲羅の形をした最中になります。

実際に購入した和菓子をレビュー

京のよすが

京のよすが パッケージ

一番サイズが小さいものを買いました。

パッケージも可愛らしいです。

亀末廣 京のよすが

冬季に購入したので、梅をモチーフにしているのでしょうか。

落雁、求肥、打物が入っていて見た目だけでもかなりの満足感があります。

味は私の感性ではとても表現することがおこがましいのですが、「This is Kyoto」と言えるような味わいです。

ちょっと敷居が高い贈り物としても最適ですし、茶会のお菓子としても喜ばれると思います。

絹のしずく

絹のしずく 木箱

木箱に入れられているので、贈り物としても喜ばれそうです。

絹のしずく 亀末廣

絹のしずくは和三盆の落雁に一休寺納豆が置かれています。

一休寺納豆は、日本昔ばなしにも出てくる一休さんゆかりのお寺で販売されており、一般的に知られる納豆とは味が異なり塩味が強く、ねばり気はありません。

口に入れると、落雁がサラサラと溶けていき甘みが広がると同時に、一休寺納豆の塩っぽさが相まって奥行きのある味を楽しむことができます。

人気記事

京都氏神神社 1

目次 氏神とは?京都市内各地の氏神京都市内全体を守る平安神宮日本全体を守る伊勢神宮初詣は氏神神社にも参拝を氏神とは? 氏神とは特定の地域の平和を守る神様のことです。 警察署の管轄もここの地域はA署、こ ...

八坂の塔スポットサムネイル 2

京都市東山区の法観寺には京都のシンボル的存在である五重塔、通称八坂の塔があることで有名です。 雑誌やテレビ、ネットでよく見かけるあの写真と同じ場所で写真を撮りたい! 他にも良い構図があれば知りたい! ...

大徳寺の御朱印現地レポ 3

目次 大徳寺についてサクッと紹介御朱印とオリジナル御朱印帳御朱印をいただける場所御朱印の受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事大徳寺についてサクッと紹介 北区の紫野に位置する大徳寺は臨済宗大徳寺派の ...

-グルメ

© 2024 京都観光のすゝめ Powered by AFFINGER5