新着記事

浄住寺青紅葉-2

ギャラリー 新緑

京都市内では数少ない黄檗宗の寺院 葉室山浄住寺の青紅葉

ReadMore

天橋立桜-1

ギャラリー

京都 宮津 天橋立ビューランドから見る桜

ReadMore

知恩院御忌の鐘

その他

除夜の鐘だけではない? 知恩院 御忌大会の大梵鐘の音色を求めて

京都には日本三大梵鐘に名前が挙がる3つの梵鐘の内、2つはここ京都の知恩院と方広寺です。 もう一つは奈良の東大寺です。 知恩院は大晦日の除夜の鐘で特に有名で、17人の僧侶が「えーいひとーつ、そーれ」という掛け声とともに勢いよく鐘を撞く光景はニュースでも度々放映されているほどです。 大晦日の除夜の鐘は梵鐘の周りを一般開放していますが、数万人の参拝者が殺到し入場には3時間待ち以上の大行列が発生するので実際に足を運ぼうと思っても躊躇いがありますよね... しかし知恩院の大梵鐘は除夜の鐘のとき以外にも撞くことがある ...

ReadMore

神泉苑歴史見どころ

観光スポット

2024年の辰年に願掛けて龍神様の加護を受けよう! 神泉苑の歴史・観光見どころ紹介

2024年は辰年ということで、京都の龍神を祀る神社やお寺が注目を集めています。 今回紹介する神泉苑にも龍神を祀る社があり、御池通の名前の由来となった法成就池には龍神が住んでいるとの言い伝えがあります。 京都の歴史において神泉苑はとても重要な存在で、祇園祭発祥の地、桜の花見の発祥の地、空海による雨乞いの地... 神泉苑は平安遷都の年から歴史がありますので、神泉苑を知ることで京都の深い歴史について知ることができるのでぜひ一度足を運んでいただきたいスポットです。 目次 起源・歴史宗派御朱印とオリジナルご朱印帳見 ...

ReadMore

中華そば ますたに

グルメ ラーメン

京都背脂ちゃっちゃ系ラーメンの発祥 中華そばますたに北白川本店

京都のラーメンと聞いて、どんな味を想像しましたか? 京都はだし巻きや、料亭で使われるような和風出汁がアクセントのあっさり系の味を想像しませんでしたか? 実は京都のラーメンは正反対のこってり系の勢力が強く、日本を代表するチェーン店の天下一品、餃子の王将は京都が発祥なんです! こってりの中でも、京都では鶏ガラ醤油や、豚骨醤油をベースにしたスープの上に、豚の背脂を大量に乗せる「背脂ちゃっちゃ系」が主流です。 今回は京都を代表する有名店の「中華そばますたに」というお店にやってきました! 目次 中華そばますたににつ ...

ReadMore

神泉苑桜 法成橋

ギャラリー

京都の桜 神泉苑は花見発祥の地

2024年は辰年ですね。 京都には龍神を祀る神社やお寺が多く、神泉苑もその内の1社です。 神泉苑の始まりは794年の平安遷都の年で、桓武天皇によって造営された庭園です。 当時は「禁苑」と呼ばれる皇族しか入れない場所で、敷地もとても広大なものでした。 812年に嵯峨天皇が桜の花見を鑑賞してから、歴代天皇も桜の花見を行うようになりました。 嵯峨天皇が桜の花見を行う前は花見といえば梅が主流でしたが、桜の花見は嵯峨天皇が初めて行ったことから、神泉苑は花見発祥の地と言われています。 824年、神泉苑では当時日照りが ...

ReadMore

ギャラリー

京都の桜 六角堂(頂法寺)

一昔前、管理人が好きな名探偵コナンの映画「迷宮の十字路」にも登場した六角堂。 一般的に六角堂と呼ばれるお寺ですが正式には頂法寺という寺名です。 ではなぜ六角堂という名前で呼ばれているのかは、隣のビルの7Fから見下ろしてみるとよくわかります。 本堂の屋根の形が六角形になっているからなんです! ではなぜ屋根を六角形にする必要があったのか、それは眼、耳、鼻、舌、身、意から起こる6つの欲を捨て去ることで角を取り、円満になりましょうという願いがかけられているからだそうです。 本日2024/3/29は六角堂の枝垂れ桜 ...

ReadMore

六角堂御朱印情報

御朱印

名探偵コナンの迷宮の十字路にも登場した聖地  六角堂の御朱印情報

2024/3/29現在、境内の枝垂れ桜が見頃を迎えているということで六角堂にやってきました。 六角堂は一度参拝したことはあったのですが、今回は初めて御朱印をいただきましたのでご紹介します。 目次 六角堂についてサクッと紹介御朱印とオリジナルご朱印帳御朱印をいただける場所拝観料受付時間アクセス・交通情報関連記事六角堂についてサクッと紹介 一般的に六角堂と呼ばれるお寺ですが正式には頂法寺という寺名です。 ではなぜ六角堂という名前で呼ばれているのかは、隣のビルの7Fから見下ろしてみるとよくわかります。 本堂の屋 ...

ReadMore

京都桜の季節限定御朱印

御朱印

京都の神社、お寺で桜の季節にいただきたい御朱印(季節限定御朱印も)

すでに早咲きの桜は満開を迎え、ソメイヨシノも開花を始めた京都市。 これからの桜の見頃に向けて各地の神社、お寺では桜の季節限定の御朱印の授与も始まっています。 今回は管理人が過去にいただいた桜に関係する御朱印(季節限定含む)の紹介をします。 ※過去と同じデザインの御朱印を今年も授与されるとは限りません。 目次 金光院(金戒光明寺塔頭)醍醐寺平野神社豊国廟本満寺神泉苑金光院(金戒光明寺塔頭) 金光院は規模の小さい塔頭寺院ですが、インスタグラムで熱心に季節限定御朱印を告知しています。 桜の季節ももちろん、桜をモ ...

ReadMore

京都神社御利益別

その他 観光スポット

今から訪れる神社はなんの神様なんだろう? 御祭神とご利益別に見る京都の神社

1000年の歴史を持つ京都は平安遷都の前から鎮座していた神社、平安遷都を機に建立した神社、明治に入って建立した神社...多様な経緯や歴史を持つ神社がたくさんあります。 色んな願い事をもって神社巡りをされる方が多いと思いますが、どの願い事ならどの神社で願うと良いのかこの記事を読むと理解できます。 目次 厄除け平安神宮八坂神社上賀茂神社下御霊神社北野天満宮粟田神社平野神社晴明神社吉田神社商売繁盛伏見稲荷大社京都えびす神社開運・勝運今宮神社御金神社大豊神社建勲神社恋愛成就・縁結び平安神宮下鴨神社八坂神社梨木神社 ...

ReadMore

京都桜の無料スポット

その他

京都の桜を無料で鑑賞できるスポット 有名寺院、神社や穴場スポットも

1000年の歴史を持つ京都は桜の歴史も古く、日本で初めての花見は嵯峨天皇が神泉苑で開いた花宴が始まりだと言われています。 桜の木は神社仏閣の他に一般道の脇にも植えられており、お金を払わなくとも鑑賞できるスポットも多くあります。 神社仏閣は参拝料が必要な場合も多いですが、今回は無料で鑑賞できるスポットを紹介します。 これから訪れる桜の季節に向けて花見の計画を立ててみてください。 目次 三条大橋祇園白川・巽橋六孫王神社円山公園哲学の道妙顕寺本法寺長徳寺金戒光明寺真如堂竹中稲荷神社蹴上インクライン南禅寺本満寺三 ...

ReadMore

京都移住メリット・デメリット

その他

これから京都に住む人は注意! 田舎出身者が京都に移住して感じた京都に住むメリット・デメリット

管理人は2020年の8月に同じ関西圏から京都市に移住して2024年1月現在で京都歴4年目になります。 もともと京都は観光で年に2回ほど訪れていたので、京都の良さは知っていましたが、実際に住んでみるとさらに良いところも見つけることができた一方、住んでみないと分からなかったデメリットもあったりと、色々な発見がありました。 皆さんの中にも、入学や転職を機に京都に引っ越す、またはいつか京都移住を目指している方もいらっしゃるでしょう。 今回は京都移住を考えている皆さんに他所から京都に引っ越して感じたリアルなメリット ...

ReadMore

京都雪景色無料スポット

観光スポット

京都の雪景色を無料で鑑賞できるスポット

盆地に位置する京都市は標高が高く冬は厳しい寒さで有名です。 年末年始のニュースで雪の金閣寺や清水寺の光景が放送されているのを見たことがある方は多いと思いますが、実は京都市での積雪は年に3~4日程度と数は少ないです。 普段見る寺院などの風景が雪化粧している姿は雅で見る人の心を魅了します。 寺院だと拝観料を払わないと行けない場所も多いですが、今回は無料でも楽しめるスポットを絞ってご紹介します。 積雪の場合、早朝だと雪が残っていますが、日の出の7時以降だと溶けてしまうのでせっかく鑑賞するなら朝6時から足を運びた ...

ReadMore

六道珍皇寺初えんま詣限定御朱印紹介

御朱印

六道珍皇寺 初えんま詣と3日間限定の見開き御朱印 小野篁が冥土と現世を行き来した冥土通いの井戸や寺宝を見ることができます

1月16日は7月16日と並び、閻魔王とのご縁を結ぶ最良の大吉日と言われ、地獄の窯の蓋が開く日とされています。 冥界の帝王でもある閻魔王は、地蔵菩薩の化身とも言われているため、この日に故人への冥福を祈り、自身の除災、除病を祈るとその功徳は大いなる日になるとされています。 六道珍皇寺では2024年は1/13、1/14、1/16に初えんま詣の特別拝観を行っており、新年厄除け札や初春限定御朱印の授与ならびに通常非公開の寺宝の公開を行なっています。 今回は初えんま詣の様子といただいた初春限定の御朱印の紹介を行なって ...

ReadMore

粟田神社出世恵比須御朱印紹介

御朱印 神社

粟田神社摂社 出世恵美須神社の祭り期間限定御朱印 3日間のみ公開される恵美須像は最澄作と伝えられる

初詣が終わった京都ではまだまだ賑やかさが収まりません。 1月10日は七福神の1人である恵美須の誕生日で、この日の前後は商売繁盛、五穀豊穣を祈願するえびす祭りがあちこちで行われます。 えびす祭りといえば日本三大えびすの1社が京都ゑびす神社であり、毎年数万人の参拝者が縁起物の福笹を求めて殺到します。 京都恵比須神社でいただいた御朱印紹介 十日えびす大祭限定で金色のスタンプを押してもらえます 他には八坂神社の摂社である蛭子船巡航が有名です。 京都八坂神社 蛭子社 祇園のえべっさん 蛭子船巡行 2024 東山三条 ...

ReadMore

京都恵比寿神社御朱印紹介

御朱印 神社

京都恵比須神社でいただいた御朱印紹介 十日えびす大祭限定で金色のスタンプを押してもらえます

目次 京都恵比須神社についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間参拝料アクセス関連記事京都恵比須神社についてサクッと紹介 創建は1202年で、禅僧である栄西禅師が建仁寺の鎮守を目的としました。 現在は大阪今宮、西宮神社と並んで日本三大恵比須神社と呼ばれています。 恵比須神社では七福神の1人である恵比須を祭神としますが、恵比須は正式には八代事代主大神と読みます。 恵比須は釣り竿と鯛を持っている姿から古くは漁業や航海など海に関わる神様として信仰されてきましたが、現在では商売繁盛、五穀豊穣などの商い ...

ReadMore

祇園のえべっさん 巡行

京都八坂神社 蛭子社 祇園のえべっさん 蛭子船巡行 2024

年が明けて1週間が経ちましたが、京都は初詣に続いてまだ新年の行事が残っています。 それが「恵比須祭り」です。 恵比須祭りは全国的に有名なのが、西宮神社で行われる福男選びの開門ダッシュ、大阪の今宮戎神社、京都恵比須神社で行われる日本三大恵比須が有名です。 先日は京都の恵比須神社にて招福祭の様子を見にいきました。 2024 京都恵比須神社 十日ゑびす大祭 招福祭 湯立て神楽神事 本日1月9日は八坂神社の摂社にある蛭子社のお祭りを見にいきました。 蛭子社では、蛭子船巡行という神事があり、普段は神社に鎮座するえび ...

ReadMore

京都恵比須神社 湯立て神楽

2024 京都恵比須神社 十日ゑびす大祭 招福祭 湯立て神楽神事

京都恵比須神社では毎年1月10日前後で十日ゑびす大祭が行われます。 恵比須神社は七福神の1人である恵比須に関わる神社で、1202年に建仁寺建立にあたって栄西禅師によって創建されました。 恵比須は七福神の中で唯一の日本の神で、釣りをしている姿から漁業の神、商いの神として信仰されています。 1月10日は恵比須の誕生日という説から本ゑびすと呼ばれ、その前後で1年の商売繁盛の願いをする神事が行われます。 祭り期間中はご利益がある福笹などの縁起物の授与を求めて多くの参拝者が訪れます。 授与される福笹は巫女さんによる ...

ReadMore

亀末廣

グルメ 和菓子

京都の老舗和菓子店 亀末廣で京のよすがと絹のしずくを購入 敷居の高い贈り物に最適です

目次 亀末廣について亀末廣の和菓子実際に購入した和菓子をレビュー京のよすが絹のしずく亀末廣について 烏丸姉小路に店を構える和菓子店の亀末廣さん。 創業は1804年で、かつては京都御所に和菓子を納めていました。 亀末廣は駅ビルや百貨店などの小売店には一切卸すことなく、通販もないのでこの本店でしか購入することができません。 創業時から1対1での販売を大切にしているためです。 ちょっと厳かな店内からも歴史を感じることができます。 亀末廣の和菓子 一番上の「古都」は玄米と和三盆味の打物。 保津峡、清水寺、知恩院な ...

ReadMore

清和院御朱印紹介

御朱印

清和院の御朱印洛陽三十三ヶ所観音霊場第33番札所 清和院の御朱印

目次 清和院についてサクッと紹介御朱印オリジナルご朱印帳御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事清和院についてサクッと紹介 真言宗智山派の寺院。 平安時代前期の第56代天皇である清和天皇の邸宅でした。 当初は京都御苑内にあったため、現在でも御苑東に清和院御門の名前が残っています。 現在の地に移ったのは江戸時代初めのことです。 ご本尊は清和天皇の姿を模しており、清和地蔵尊と呼ばれています。 本堂には洛陽三十三ヶ所観音霊場第33番札所本尊の聖観音も祀られています。 御朱印 1枚300円で ...

ReadMore

妙覚寺御朱印紹介

御朱印

信長の宿泊地として使われた妙覚寺の御朱印紹介

目次 妙覚寺についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事妙覚寺についてサクッと紹介 日蓮宗三具足山のひとつである妙覚寺は1378年に四条大宮で創建、下妙覚寺町に移り織田信長の宿所となりましたが、本能寺の変で消失。 秀吉によって現在の地に移ったのは1583年のことです。 信長は20数回京都に宿泊しましたが、その内18回がこの妙覚寺です。 信長というと本能寺の変のイメージが強いですが、実は本能寺に宿泊した回数は3回と数少なく、このわずかな回数の3回目で明智光秀の襲撃 ...

ReadMore

平安神宮御朱印紹介

御朱印 神社

平安神宮のご朱印紹介 2024年1月限定の蒼龍御朱印をいただきました

明けましておめでとうございます。 2024年もよろしくお願いします。 毎年の初詣の期間は平安神宮の参拝にも多くの人が並び混雑しますが、筆者は元旦の朝4:00に初詣を済ませたので人混みなくスムーズに参拝と御朱印をいただきました。 目次 平安神宮についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間参拝料アクセス・交通情報関連記事平安神宮についてサクッと紹介 平安神宮の歴史は京都の中ではかなり浅く、明治時代に平安遷都1100年を記念として1895年に創建されました。 御祭神は平安京を造った桓武天皇と首都が江 ...

ReadMore

時代祭 時代行列

平安神宮 時代祭 時代行列を神宮道から撮影

2023/10/22に平安神宮で時代祭が行われました。 時代祭は平安遷都1100年を記念としたお祭りで、京都の歴史を延暦時代から明治時代まで表現した時代行列が一番の見どころです。 目次 維新勤王隊徳川城使上洛列和宮紫式部 清少納言小野小町YouTube維新勤王隊 徳川城使上洛列 和宮 紫式部 清少納言 小野小町 YouTube https://youtu.be/_VeA7HE9pdM

ReadMore

時代祭神幸行列

時代祭 神幸行列が平安神宮から京都御所へ向けて出発

10/22は平安神宮のお祭りで、京都三大祭りの一つである時代祭が行われます。 午前は平安神宮から神幸行列が出発し、午後は京都御所から平安神宮へ京都の歴史を表現した行列が大移動します。 https://www.youtube.com/watch?v=-qAc33xM3A4&feature=youtu.be

ReadMore

古都千年パッケージ

グルメ 日本酒

京都 伏見の日本酒 齊藤酒造 古都千年 純米吟醸 をレビュー 華やかな香りは京都でも屈指

目次 齊藤酒造について古都千年 純米吟醸について古都千年 純米吟醸酒のレビュー齊藤酒造について 齊藤酒造が誕生したのは明治28年で、当時のブランド名は柳正宗、大鷹などがありましたが、大正天皇の即位を記念して「英勲」となりました。 全国新酒鑑評会では歴代最長記録となる14年連続金賞受賞するなど高い評価を受けている酒造です。 伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか 古都千年 純米吟醸について 京都の代表的な酒米である「祝」を55%まで精米した日本酒酒。 古都千年 純米吟醸酒のレビュー まず先にフル ...

ReadMore

佐々木酒造 聚楽第

グルメ 日本酒

京都伏見の日本酒 佐々木蔵之介さんの実家 佐々木酒造の聚楽第 純米吟醸をレビュー

目次 佐々木酒造について聚楽第について聚楽第 純米吟醸の味わいをレビュー佐々木酒造について 佐々木酒造は京都市の酒造で、俳優の佐々木蔵之介さんの実家でもあります。 京都の日本酒といえば伏見をイメージする方がほとんどですが、佐々木酒造は2件しかない洛中に残っている酒造です。 伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか 聚楽第について 今回購入したのは聚楽第 純米吟醸です。 聚楽第は豊臣秀吉のかつての邸宅であり、佐々木酒造の酒蔵がある地が跡地になります。 茶湯に使用したと言われる銀名水で仕込み、濾過や ...

ReadMore

亀屋清永 清浄歓喜団

グルメ 和菓子

京都で有名な和菓子店 亀屋清永 日本で唯一の清浄歓喜団をご紹介

京都の和菓子といえば生八ツ橋が有名ですが、贈答用にするにはちょっと物足りなさが... せっかく京都に行くなら京都通と思われるような老舗店で和菓子を購入したいものです。 私は京都初心者のころは贈答用の和菓子を駅で簡単に購入していましたが、せっかく住んでいるなら老舗の本店で直接買いつけようかなと思い色々な店舗に足を運んでいます。 京都のお土産で大人気!行列の絶えない「出町ふたば」で豆餅を予約購入しました 日本で唯一の金平糖専門店 京都の緑樹庵清水で購入した金平糖をご紹介 出町ふたばの豆餅や金平糖の緑樹庵清水も ...

ReadMore

京都無料駐輪場

サイクリング 駐輪場情報

京都観光を自転車で楽しもう! 専用の無料駐輪場がある神社、お寺をご紹介

休日の京都市内はバスやタクシーの大混雑でオーバーツーリズム状態になっており、京都駅から嵐山エリア、東山エリアのバスは30分以上並んでも乗れないということが平気であります。 どうしても京都は電車の利便性が悪くバスやタクシーに頼らざるをえないですが、車道も渋滞しますのでせっかくの旅行がほとんど移動時間で終わってしまった...という嘆きをよく耳にします。 そこでおすすめしたいのがレンタサイクルでスピーディーに移動をすることです。 私は普段から自転車で移動をしますが、場所によってはたくさんのバス停に停まるバスより ...

ReadMore

京都紅葉無料スポット

ギャラリー 紅葉 観光スポット

京都の紅葉を無料で楽しめるスポット 穴場スポットもあり!

2023年も夏が終わりに近づき、京都で最も楽しみな季節の秋がやってきます。 京都では清水寺、東寺、天龍寺など有名な紅葉スポットが数多く存在します。 しかし有名スポットは入場にお金がかかるし、何より観光客で混雑してゆっくり鑑賞できない...と悩みます。 今回は無料で楽しめる紅葉スポットを紹介していきます。 無料とはいえ観光客もあまり訪れないニッチなスポットも織り交ぜていますので、ぜひ京都の紅葉を隅々まで楽しめるように旅行プランを立ててみてください。 ※写真をクリックするとギャラリーページに移動します。 目次 ...

ReadMore

源光庵御朱印紹介

御朱印

源光庵の御朱印 悟りの窓、迷いの窓から望む紅葉で有名

目次 源光庵についてサクッと紹介御朱印御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事源光庵についてサクッと紹介 正式名を鷹峰⼭寶樹林源光庵という寺院で、1346年臨済宗⼤徳寺2代・徹翁国師によって開創され、1694年に卍⼭禅師によって曹洞宗に改められました。 本尊は釈迦牟尼仏。 本堂では悟りの窓、迷いの窓の2つの窓から庭園を望むことができます。 悟りの窓の円型は「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しています。 迷いの窓の角型は「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表しています。 ...

ReadMore

詩仙堂御朱印紹介

御朱印

京都 詩仙堂の御朱印・オリジナル御朱印帳を紹介

目次 詩仙堂についてサクッと紹介御朱印とオリジナルご朱印帳御朱印をいただける場所受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事詩仙堂についてサクッと紹介 詩仙堂は曹洞宗の寺院で、正式には六六山詩仙堂丈山寺と号します。 1636年に武将・文人の石川丈山が隠棲のために構えた山荘が寺の起源です。 丈山は晩年の30年余りをここで過ごし、遺愛品は詩仙堂六物と呼ばれます。 1966年に曹洞宗に属しました。 本尊は三十三観音の一つである馬郎婦観音。 曹洞宗の寺院では釈迦牟尼仏を祀ることが一般的ですが、詩仙堂のように観音菩薩を ...

ReadMore

嵐山 宝筐院の青紅葉2

ギャラリー 新緑 未分類

京都 嵐山 宝筐院の青紅葉

2023/06/18撮影 宝筐院は臨済宗の寺院で平安時代末に白河天皇の勅願寺として建てられましたがその後衰退、天龍寺の子院として存続したものの幕末に廃寺。 明治に京都府知事によって1916年に再興しました。 禅師に深く希帰依した武将の楠木正行、2代将軍の足利義詮は境内に埋葬され、8代将軍の義政の時代に義詮の院号にちなんで宝筐院として改められました。 住所京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9拝観料大人500円 小人200円拝観時間9:00~16:00(11月は16:30まで)公式ホームページhttps:// ...

ReadMore

京都の日本酒はなぜ有名なのか

グルメ 日本酒

伏見の女酒 なぜ京都で日本酒造りが盛んになったのか

日本三大酒造と言えば兵庫の灘、京都の伏見、広島の西条が挙げられます。 なぜ京都の伏見は日本酒作りが盛んになったのか見ていきましょう。 まず日本酒作りに欠かせないことがいくつかあり、それは水、土、気候と言われています。 目次 京都盆地の下に巨大な地下水源京都の名水京都の地層京都の気候京都の日本酒の始まり伏見は交通の要として日本酒の消費と流通の拡大京都の酒米京都市内の主な酒造伏見区上京区左京区右京区筆者チョイス!京都でおすすめしたい日本酒トップ3齊藤酒造 古都千年 純米吟醸招徳 花洛 純米吟醸山本本家 神聖 ...

ReadMore

祇園祭 琵琶奉納 舟弁慶

祇園祭

祇園祭 琵琶奉納 7/23

翌日に後祭山鉾巡行を控えた7/23 13:00から八坂神社にて琵琶奉納が行われました。 約3 時間の公演で12演目が披露されます。 1.那須興市 2.舟弁慶

ReadMore

祇園祭 石見神楽 2023

祇園祭

祇園祭 石見神楽 2023/7/16 天神 恵比須 塵輪 大蛇

祇園祭の前祭山鉾巡行が行われる前日の7/16に八坂神社で石見神楽が披露されます。 年によって題目が変わるのですが、2023年は塩祓、天神、恵比須、塵輪、大蛇 の5つが披露されました。 目次 天神恵比寿塵輪大蛇2023年の動画はこちら天神 現在では学問の神様として信仰される菅原道真は当時の左大臣である藤原時平によって太宰府に左遷されてしまいます。 左遷後しばらくして藤原時平は39歳とという若さで亡くなってしまいますが、この死因は菅原道真の怨霊による仕業だと言われます。 石見神楽の演目では菅原道真と ...

ReadMore

マンションの内側玄関に飾る粽

祇園祭

マンションでも大丈夫! 京都 祇園祭で購入した粽(ちまき)の飾り方

京都の祇園祭では山鉾巡行を行う各山鉾町内にて粽というお守りを購入できます。 粽というと笹に包まれた餅を想像するかもしれませんが、祇園祭で購入できる粽は食べ物ではありません。 京都を歩いていると飲食店やお土産屋さん、民家でも玄関外に飾られている光景をよく見かけます。 目次 祇園祭でいただける粽について2023年の宵山にていただいた伯牙山の粽マンションでの飾り方粽は100均のピンなどにひっかけて飾るまとめ祇園祭でいただける粽について 粽は各山鉾町で山鉾巡行の約3日前から販売され、厄除けのご利益があります。 加 ...

ReadMore

祇園祭 献茶祭

祇園祭

京都 祇園祭 献茶祭 7/16

7/16 午前9:00より八坂神社本殿にて行われる献茶祭です。 世の平和と茶道の発展を願う儀式となっています。 ※お点前中の撮影は禁止となっています 式の終了時は西楼門横の能舞台にて長刀鉾町によるお囃子の演奏が行われます。 献茶祭終了後に長刀鉾町によるお囃子演奏

ReadMore

祇園祭 伝統芸能奉納 今様

祇園祭

京都 祇園祭 伝統芸能奉納 7/15

15:00から八坂神社にて行われる伝統芸能奉納です。 能舞台にて、和歌や踊り、琴の演奏などが行われます。 目次 今様(いまよう)吟詠剣舞今様(いまよう) 吟詠 剣舞

ReadMore

常寂光寺青紅葉-12

ギャラリー 新緑

京都 常寂光寺の青もみじ

YouTubeのチャンネル登録よろしくお願いします

ReadMore

大田神社御朱印情報

御朱印 神社

大田神社の御朱印 5月限定で神楽鈴のスタンプ

目次 大田神社についてサクッと紹介御朱印御朱印帳御朱印をいただける場所受付時間参拝料交通・アクセス情報関連記事大田神社についてサクッと紹介 上賀茂神社の末社である大田神社。 創建がいつか明らかとなっていませんが、上賀茂神社の歴史より古いため京都でも最古の社とも言われています。 御祭神の天鈿女命(アメノウズメノミコト)は芸能上達の神として信仰されています。 参道東の大田ノ沢には5月に花を咲かせるカキツバタの群生があり、平安時代の和歌でも詠まれています。 御朱印 御朱印は1枚300円 5月限定御朱印 カキツバ ...

ReadMore

大田神社 カキツバタ4

ギャラリー 新緑

京都 大田神社の青紅葉とカキツバタ

ReadMore

京都 源光庵の青紅葉1

ギャラリー 新緑

京都 源光庵 新緑の青もみじ

ReadMore

京都 永観堂 新緑の青紅葉33

ギャラリー 新緑 未分類

京都 永観堂の青紅葉

https://www.youtube.com/watch?v=kubipkoIGTw&t=21s 関連記事 永観堂の御朱印 京都の紅葉特集 永観堂の雪景色 永観堂の歴史・観光見どころ情報

ReadMore

詩仙堂歴史見どころ

観光スポット

詩仙堂の歴史・観光見どころ情報 曹洞宗では珍しい馬郎婦観音がご本尊 庭園のサツキと紅葉が有名

目次 起源・歴史宗派御朱印オリジナルご朱印帳見どころ庭園馬郎婦観音(めろうふかんのん)住所 拝観料 拝観時間 公式ホームページアクセス・交通情報起源・歴史 1641年に三河の武士であった石川丈山が開いた草庵が起源。 丈山は徳川家に仕えていた武将で、関ヶ原の戦い、大坂夏の陣にも参戦しました。 夏の陣のあとは妙心寺に隠棲し儒学を学び、1641年(59歳)から90歳で亡くなるまで30年間を詩仙堂で暮らしました。 中国歴代の詩人36人(三十六詩仙)の肖像画を狩野探幽に描かせ、堂内に掲げたことから詩仙堂の名で知られ ...

ReadMore

京都の雪化粧 蹴上インクライン5

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 蹴上インクライン

関連記事 蹴上インクラインの桜 雪化粧の京都おすすめスポット

ReadMore

京都 永観堂 雪6

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 永観堂

2023/1/28の京都市内の朝は2cmの積雪を記録しました。 東山の麓に位置する永観堂は日当たりが悪いため、開門時間の9:00でも多くの雪が残っていました。 関連記事 永観堂の御朱印 永観堂の青紅葉 京都の紅葉特集 永観堂の歴史・観光見どころ情報

ReadMore

円山公園 京都 雪

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 円山公園 2023

撮影時の2023/1/24 午後19:00時点で積雪8cmを記録した大雪の京都。 円山公園は人がほとんどおらず、次々と雪が積み重なっていました。 枝垂れ桜もこの雪を乗り越えてきれいな花を見せて欲しいですね。 https://www.youtube.com/watch?v=YFNknUtudWw

ReadMore

20230124八坂神社-1

ギャラリー 雪化粧

雪化粧の京都 八坂神社 2023

撮影時の2023/1/24 午後19:00時点で積雪8cmを記録した大雪の京都。 雪に佇む八坂神社を撮影しました。 祇園交差点の石段下は、行き交う人々の足跡で雪はさほど積もってはいませんが、シャーベット上に固まっており非常に滑りやすくなっています。 19:00の時点で気温は-2℃は京都に来て初めての寒さです。 降り続く雪によって祇園商店街は霞んで見えます。 末社の疫神社 美容の神様として信仰される美御前社 https://www.youtube.com/watch?v=YFNknUtudWw

ReadMore

源光庵悟りの窓迷いの窓紅葉2

ギャラリー 紅葉

京都 鷹峯 源光庵の紅葉

2019年春から2022年春まで改修工事により拝観休止していた源光庵。 2022年は4年ぶりに紅葉を楽しめます。 源光庵といえば本堂から望むことができる悟りの窓、迷いの窓が有名。 悟りの窓の円型は禅と円通の心を表し、円は大宇宙を表現しています。円迷いの窓の角型は人間の生涯を象徴し生老病死の四苦八苦を表しています。https://genkouan.or.jp/mado/

ReadMore

鐘の音巡り

観光スポット

京都で朝に鐘を撞く寺院(知恩院、西本願寺、清水寺、六角堂、要法事、智積院、泉涌寺、妙心寺)

多くの宗派の総本山、大本山が集中する京都市。 市内の朝はあちこちから響き渡る鐘の音色とともに1日が始まります。 京都に観光に来た際は、朝早くに散歩をしながら鐘の音を鑑賞するのも風情があって良いですよ! 今回は管理人が現地を歩き回り、朝に鐘を撞くお寺を調査しました。 目次 知恩院西本願寺清水寺六角堂要法寺智積院泉涌寺妙心寺知恩院 https://www.youtube.com/shorts/d5rM-fV7HGc 大梵鐘の除夜の鐘で有名な知恩院は普段は撞くことはなく、御影堂北の階段を上がった先の勢至堂で梵鐘 ...

ReadMore

その他

京都の難読地名・町名・通り名・駅名・神社名・寺名を完全網羅! 京都観光、京都への引っ越し前の予習にピッタリです

京都難読地名駅名神社寺院

京都は碁盤の目のように規則的に町が並び、現在でも当時あった建造物の名称などの名残があります。

私は一時期、左京区の聖護院蓮華蔵町(しょうごいんれんげぞうちょう)に住んでいたことがあり、幸い読めはしたものの、いかんせん長くで画数が多い...

区役所での住所変更などの手続きではたくさんの書類にこの長い町名を記入しなければならずイライラした記憶があります。

そして次に引っ越しした町は町名こそ初見で読めるものの、今度は京都特有の住所である「〇〇通り下る◯筋目○入る」が加わるという、別の困難にぶち当たりました笑

マイナンバーカードの住所欄は枠内に収めることができず備考欄に飛び出す羽目に...
そしてクレジットカードやネット銀行、ネット証券などの住所変更は指定の文字数をオーバーし住所変更に失敗→コールセンターに直接電話して変更依頼をするなど、数々の障壁に直面しました。

地元住民でも困惑することがある京都の地名ですが、もしかしたら観光客の方にとっては新鮮で逆に面白さを感じるかもしれません!

今回はそんな観光客の方もこれだけ覚えていれば安心安全と言わんばかりに、難読町名や通り名、神社名、駅名などを網羅しました。

京都に来る前にぜひ予習し、快適な京都観光を楽しんでくださいね!

町名

左京区

修学院北沮沢町 しゅうがくいんきたふけちょう

一乗寺月輪寺町 いちじょうじがつりんじちょう
右京区につきのわでらというお寺がありますが、左京区には月輪寺はありません。
なぜこのような地名になったのか調べてみても謎のままでした。

上高野掃部林町 かみたかのかもんはやしちょう

北白川上終町 きたしらかわかみはてちょう
最果てという言葉はこれより先はない=終わりという意味があるので、「終」という文字で「はて」と読むのはなんとなく連想はできますね。

下鴨膳部町 しもがもかしわべちょう
「膳」という漢字は訓読みで「かしわ」と読むようですが、これまでの人生では音読みの「ぜん」しか使ったことがありません。

下鴨神殿町 しもがもこうどのちょう

下鴨蓼倉町 しもがもたでくらちょう
「蓼」ですが、植物の名前にあります。
ただ、今までの人生で蓼の文字を見たことはなかったです。

下鴨梁田町 しもがもやなだちょう
梁は訓読みで「やな」と読み、河川で魚類を捕獲するための仕掛けのようです。
ただ現在の下鴨梁田町は全く河川に面してないので、もしかしたらかつてこの地で梁を製造していたのかもしれません。

修学院北沮沢町 しゅうがくいんきたふけちょう
沮沢は水害を防ぐため意図的に作った土地のことを指します。
ということはこの地は過去に水害が多発していたということでしょうか。

高野蓼原町 たかのたではらちょう

田中大堰町 たなかおおいちょう

松ケ崎糺田町 まつがさきただすでんちょう
糺は同じ左京区に糺の森があることから馴染みはあるかもしれません

山端壱町田町 やまばないっちょうだちょう

東山区

上棟梁町 かみとうりょうちょう
棟梁は組織を束ねる人物のことを指します。
かつてこの地には階級の高い人物が住んでいたのかもしれません。

上人町 しょうにんちょう

清閑寺霊山町 せいかんじりょうざんちょう

廿一軒町 にじゅういっけんちょう
廿は訓読みで「にじゅう」と読みます。
御朱印の日付の文字でも使われる書き手の方が多い印象です。

南西海子町 みなみさいかいしちょう

轆轤町 ろくろちょう
この地は庶民の亡骸が放置されていた土地と言われており、かつては髑髏(どくろ)町と呼ばれていたそうです。
ただあまりにも縁起が悪いため江戸時代に現在の轆轤町に改名されました。

上京区

戌亥町 いぬいちょう
戌亥は十二支による方角の名の一つで北西を指します。

正親町 おおぎちょう

甲斐守町 かいのかみちょう

勘解由小路町 かげゆこうじちょう
勘解由は江戸時代に実在した役職のことで、国司の交代の際に引継の文書である解由状を審査した者を指します。

皀莢町 さいかちちょう
マメ科の植物に皀莢(さいかち)があるようです。
この地には皀莢が多く生息していたのかもしれません。

百々町 どどちょう

常陸町 ひたちちょう

瓢箪図子町 ひょうたんずしちょう

木瓜原町 ぼけはらちょう

中京区

因幡町 いなばちょう

烏帽子屋町 えぼうしやちょう
烏帽子は平安時代から和装での礼服着用の際に被った帽子のことで、この地は烏帽子屋が多く存在していたことが想像できます。

役行者町 えんのぎょうじゃちょう

笋町 たかんなちょう
笋は「たけのこ」の古名ですが、「たかんな」とは読めないですね。

滕屋町 ちぎりやちょう 

西ノ京南大炊御門町 にしのきょうみなみおおいみかどちょう
漢字もふりがなも字数が多く厄介です。

布袋屋町 ほていやちょう
布袋は七福神の一神で、京都以外にも全国的に布袋町は存在します。

柳水町 りゅうすいちょう
千利休がお茶に使用した柳の水がこの地にあることから柳水町ができました。

下京区

艮町 うしとらちょう

雁金町 かりがねちょう

函谷鉾町 かんこぼこちょう

卓屋町 しょくやちょう

木賊山町 とくさやまちょう

童侍者町 どうじしゃちょう

廿人講町 にじゅうにんこうちょう
御朱印でよく日付の二十を廿と書く場合があるのでなんとなく納得はする読み方です。

右京区

御室双岡町 おむろならびがおかちょう

嵯峨鳥居本化野町町 さがとりいもとあだしのちょう
化野は念仏寺をしっている方なら読めますが、それがなければ無理ですね。

西京極午塚町 にしきょうごくうまつかちょう
純粋に牛をうしと呼びたくなりますが完全にトラップですね。

西京区

嵐山虚空蔵山町 あらしやまこくぞうやまちょう

樫原内垣外町 かたぎはらうちかいとちょう

樫原百々ケ池 かたぎはらどどがいけ

桂坤町 かつらひつじさるちょう

太秦帷子ケ辻町 うずまさかたびらのつじちょう
初見だと完全に詰みです。
太秦は映画村で有名な場所です。

梅ケ畑菖蒲谷 うめがはたしょうぶたに

南区

吉祥院石原葭縁 きっしょういんいしはらよしべり

吉祥院政所町 きっしょういんまんどころちょう

西九条蔵王町 にしくじょうにしざおうちょう

通り名

柳馬場通 やなぎのばんばどおり

御幸町通 ごこうまちどおり
個人的につい最近までみゆきまちと呼んでいて会社の上司に指摘されて初めて気づきました。

不明門通 あけずどおり

郁芳通 いくほうどおり

壬生川通 みぶがわどおり

櫛筍通 くしげどおり

駅名

市営地下鉄

椥辻 なぎつじ

御陵 みささぎ
天皇などの墓のことを指し、付近に天智天皇陵があります。

蹴上 けあげ
付近には桜の名所である蹴上インクラインがあります。

阪急

烏丸 からすま
河原町に行ったことがある方なら当たり前のように読めますね。

西院 さいいん

京福電鉄

蚕ノ社 かいこのやしろ
付近の木嶋坐天照御魂神社は通称蚕ノ社とも呼ばれることから駅名にも使用されています。

西院 さい
阪急の西院(さいいん)駅があるので「さいいん」だと読みたいところですが、京福電鉄は「さい」なんですね。
昭和にはさいいんが公称化されましたが、昔は「さい」や「さいん」と呼ばれていたそうです。

帷子ノ辻 かたびらのつじ
嵯峨天皇の皇后である檀林皇后が亡くなった際の棺にかけられていた帷子(絹で織った着物)が風で飛び、この地付近の辻に落ちたことから帷子ノ辻と呼ばれるようになった説があります。


鹿王院 ろくおういん
付近に臨済宗の鹿王院があります。

神社

木嶋坐天照御魂神社 このしまにますあまてるみたまじんじゃ
とても文字数が多く、しかも全く読めない神社です。
ここの鳥居は日本でも珍しい三柱鳥居があり、なぜこのような形になったかは解明されていないそうです。

車折神社 くるまざきじんじゃ
芸能の神アメノウズメを祀ることから、多くの芸能人が参拝しています。

朱雀松尾總神社 すじゃくまつおそうじんじゃ
朱雀は町名でもかなり多くありますが、總という文字は初めて見ました。

新熊野神社 いまくまのじんじゃ
泉涌寺の塔頭で今熊野観音寺がありますが、いまくまのじんじゃもあるんですね。

寺院

化野念仏寺 あだしのねんぶつじ
化野念仏寺は少しホラー要素が強めの寺院で、もともとこの地には多くの遺体が放置されており、空海が彼らを埋葬したことが念仏寺の始まりです。
境内には約8000体の石仏が建てられています。

泉涌寺 せんにゅうじ
涌という文字はプロ野球好きの方なら某球団の投手の苗字に入っているので見たことはあると思いますが、にゅうとは読めないですね。
創建当初は仙遊寺という名前でしたが、境内から泉が湧き出たことから泉湧寺と改められました。

仁和寺 にんなじ
桜の名所でテレビにも登場することがあるので読み方は知っている方が多いかもしれませんが、初見だと読めないでしょう。

三十三間堂 さんじゅうさんげんどう
簡単な文字だからと普通にさんじゅうさんかんどうと呼んだら恥をかいてしまいます。
三十三間堂は東山区の寺院で実は妙法院の境外仏堂になります。

智積院 ちしゃくいん
ちせきいんと間違われる場合が大多数です。


宝筐院 ほうきょういん
恥ずかしい話、私自身が筐という漢字自体読めませんでした。

相国寺 しょうこくじ
そうこくじと間違われることが多い寺です。

壬生寺 みぶでら
壬生寺は新撰組に詳しいかたなら一発で読めるかもしれません。
新撰組が壬生村で活動していた時期には壬生寺の境内で射撃や大砲などの訓練を行なっていました。

人気記事

京都氏神神社 1

目次 氏神とは?京都市内各地の氏神京都市内全体を守る平安神宮日本全体を守る伊勢神宮初詣は氏神神社にも参拝を氏神とは? 氏神とは特定の地域の平和を守る神様のことです。 警察署の管轄もここの地域はA署、こ ...

八坂の塔スポットサムネイル 2

京都市東山区の法観寺には京都のシンボル的存在である五重塔、通称八坂の塔があることで有名です。 雑誌やテレビ、ネットでよく見かけるあの写真と同じ場所で写真を撮りたい! 他にも良い構図があれば知りたい! ...

大徳寺の御朱印現地レポ 3

目次 大徳寺についてサクッと紹介御朱印とオリジナル御朱印帳御朱印をいただける場所御朱印の受付時間拝観料アクセス・交通情報関連記事大徳寺についてサクッと紹介 北区の紫野に位置する大徳寺は臨済宗大徳寺派の ...

-その他

© 2024 京都観光のすゝめ Powered by AFFINGER5